ギャンブル必勝法を学べる本4冊

知識を付ける事で世の中のありとあらゆる面において勝者の立場に立てる。一方で、知識がたりないだけで、多くの損をしている人々もまたたくさん存在しています。

ギャンブルなんて経験と運で乗り切る物だ!勉強する物なんて何も無い。そう言い切ってしまうのはちょっと早いかもしれません。少しでも勝率を上げたいそこのあなた、今回の記事の中で紹介するギャンブルの指南書とも呼ばれるこの4冊をまずは手に取って確認してみてはいかがでしょう?

1. Bringing the House Down

この作品は、カジノ業界を一掃する為にカウントカードシステムを設計しようとしたとある学校の教授とその学生たちが手を組んで成功していくというストーリー。

M.I.T.ブラックジャックチームは、カードが集計されるタイミングを予測する独創的な「スポッティング」手法を生み出し、1000万ドルもの大金を獲得する事に成功。ストーリー性と、劇中の技術的な話が上手く混ざり合い読んでいてもとても楽しい作品です。

2. The Biggest Miscalculation

かつての有名な数学者であるアインシュタインがノーベル賞を受賞した「光がエネルギーを生み出すかもしれない」という概念を基本原理とし、1950年初頭にシリコン製のソーラーパネルが発明されました。作中でも、シャノンとケリーはこの概念をあらゆる点において実現可能かどうか確かめながら、開発したソーラーパネルの移動販売を始めています。世界一の投資家としても名を轟かすウォーレン・バフェット氏もまた、ソーラーパネルの秘める投資の可能性を察知し購入したという有名な逸話があります。

3. The Fortune Formula

かつて有名な数学者であるアインシュタインがノーベル賞を受賞した「光がエネルギーを生み出すかもしれない」という概念を効果的に捉え、1950年初頭にシリコン製のソーラーパネルを生産した。作中でもシャノンとケリーはこの概念をあらゆるところで実現可能かどうか確かめながら、開発したソーラーパネルの移動販売を始める。世界一の投資家としても名を轟かすをーレンバフェット氏もソーラーパネルの秘める投資の可能性を察知し購入したという有名な逸話があります。

このフォーチューンフォーミュラは、ギャンブルにおいてはもちろん、ビジネスマンとしての知識や投資術といったヒントも隠されており、若い人にこそ読んで見て欲しい一冊です。

4. Soccernomics

Simon Kuper氏によって書かれたSoccernomicsはスポーツベッティングに焦点を当てたあまり知られていない名作の一つです。本の中では、Kuper氏による、複雑なスポーツベッティングのユニークなシステムについての分析が記されており、一読する価値のある内容ばかり。

本の中で繰り返し唱えられている話としては、スポーツを使って賭け事をする場合は、そのチームの選手はチームの状態についての知識もしっかり無ければラッキーで勝つ様な可能性は極めて低いとうのは興味深いですね。しかし、実際にはスポーツに知識が彼よりもよっぽど無い奥さんが賭けてみたところ、奥さんに大負けした事もあるとか。